fc2ブログ

Deadline for aid to virus-hit firms

 Consumption tax key election issue 「国民のために、必要な税制は、国民に受け入れられます。」から、国家のリーダーは、真に、国民のための税制を、国会で、議論し、立法すべきです。しかし、富裕者の反論を避け、無口の庶民への負担が増加する傾向にありますから、税の意義と負担の公平から、議論すべきです。当簿記教室で、勉強を継続し、真の国際競争力である「複式簿記の精神」を、養いましょう。

 簿記教室で、「当社の業務と関係ないものなどの提案を、募集し、多くの提案を受けましたので、表彰金を出します。幾らが、良いでしょうか?」と、質問を受けました。

 税務上、「①業務上の特許権等の取得に係る権利の承継は、譲渡所得になり、②その権利の使用料の場合、雑所得になり、③事務改善等、通常業務の範囲内の場合、給与所得になり、④通常業務外の場合、一時所得になります。」から、その提案内容と対価性、及び、所得に対応した支給額によることも、考慮すべきです。つまり、会社と個人の税負担との関係も、有効です。税務会計を活用し、節税すべきです。

 税務の手続や取扱は、西宮啓介税理士事務所 072-858-2438 まで、ご連絡ください。すぐ、税務処理や決算・申告・税務調査などに対応し、長期・短期の Tax planning と Risk management を、提供いたします。

 BOJ chief: Deadline for aid to virus-hit firms may be extended 「企業の経営は、資金余裕ではありません。」から、お客さんとの日々のお付合いにより、連続した利益の獲得が、必要です。資金は、使用することにより、無くなるのみです。このコロナは、企業の活動に障害を与え、制限を与えましたから、その復活に困難が生じています。本質的問題は、国際的な経済活動の制限により、国際的大企業の活動の復活の遅延が、国内の中小企業に、より大きな影響を与え続け、政府の活動力も、税収と共に、減退しています。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

西宮啓介 税理士事務所

Author:西宮啓介 税理士事務所


⇒ ホームページ
  ◎ Top Page
  ◎ 業務案内
  ◎ 事務所概要
  ◎ 簿記教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム