fc2ブログ

Green & Digital fields

 10% tax break planned for investments to reduce carbon 「2050年に、炭酸ガスの排出を、0にする。」と、政府が国際的公約を打ち出しました。政府は、自身の努力をせず、民間に、「電気自動車などの開発」など、負担させようとしています。その効果が無い場合、「炭酸ガス排出税を、創設するのではないでしょうか?」と、国民は、増税に敏感です。当簿記教室で、勉強を継続し、真の国際競争力を、養いましょう。

 簿記教室で、「死亡した父の相続税の対象に、8年前、相続時精算課税を受けた分を、加算してますが、毎年、申告不要額の贈与を受けています。問題ないですね?」と、質問を受けました。

 相続時選択課税の適用を受けている場合、お父さんから贈与を受けた財産については、全て、贈与税の申告が必要で、その申告書の提出の有無にかかわらず、相続税の課税価格に算入されます。なお、その贈与について、税務署長の決定が有るまで、期限後申告をすることができます。つまり、申告に、問題が有ります。税務会計を活用し、適正手続きにより是正し、節税すべきです。

 税務の手続や取扱は、西宮啓介税理士事務所 072-858-2438 まで、ご連絡ください。すぐ、税務処理や決算・申告・税務調査などに対応し、長期・短期の Tax planning と Risk management を、提供いたします。

 Fresh stimulus unveiled with eye on green, digital fields 「生活環境の保全と企業の効率化は、国際的課題です。」から、各国が、「自国第一主義により、生活環境無視の姿勢になっているとき」に、GAFAなど、「課税騒ぎを起こしているときに、電子情報技術の向上」を、国政の基礎として、税制でカバーするのではなく、これらの研究など、具体的補助・補強制度の充実を図るべきです。賢そうな「選挙演説」など、行いながら、国際的課題に「鈍感な理解力」で、後手・後手の政治判断しかできない事に、国民は呆れています。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

西宮啓介 税理士事務所

Author:西宮啓介 税理士事務所


⇒ ホームページ
  ◎ Top Page
  ◎ 業務案内
  ◎ 事務所概要
  ◎ 簿記教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム