fc2ブログ

Economic security

 BOJ to promote stakes, loans to address climate 「中央銀行は、金融政策により、国民の生活の安定を、図るべきです。」から、国際協調国家との関係のみ考慮し、大企業の社債の引受により、「脱炭素」を、優遇すべきではありません。国内の企業が、政府の骨太方針を支援・協力するため、努力の継続をします。当簿記教室で、勉強を継続し、真の国際競争力である「複式簿記の精神」を養いましょう。

 簿記教室で、「当社は、衣料・小物等販売のため、車両持ち込みの営業者に、出来高報酬を支払い、源泉徴収してません。問題ないですね?」と、質問を受けました。

 出来高払いの請負であるかは、旧取扱等により、「業務執行に、①他人が代替できる、②指揮監督を受けない、③不可抗力の滅失などにより、報酬の請求ができない、④材料・用具を、自己負担している。」ことを、総合判断しますが、車両のみ持ち込みのみで、報酬は、出勤時間計算です。つまり、消費税・源泉徴収事務に、問題が有ります。税務会計を活用し、是正することにより、節税すべきです。

 税務の手続や取扱は、西宮啓介税理士事務所まで、ご連絡ください。すぐ、税務処理や決算・申告・税務調査などに対応し、長期・短期の節税による経営戦略を、提供いたします。

 Economic security named in basic policy 1st time 「骨太方針が、閣議決定されました。」が、その目標である内容は、decarbonization, digitization, regional revitalization, child care support です。政治は、「国民のため」にのみ存在しますから、国家のリーダーは、国際関係に精通し、科学力に深交することで、その力を利用し、「国民の負担を軽減し、福祉の充実」を図るべきです。日本は、資源が有りませんから、製品の輸出のための「知識の進化・科学力の発展・技術の開発・社会基盤の充実」に向けて、政府・国民・企業が一体となるよう、国民は、バック・アップしようとしています。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

西宮啓介 税理士事務所

Author:西宮啓介 税理士事務所


⇒ ホームページ
  ◎ Top Page
  ◎ 業務案内
  ◎ 事務所概要
  ◎ 簿記教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム