fc2ブログ

CDP-JCP cooperation

 Digital records for duty-free purchases meant to curb fraud 「外国の観光客が、免税店で購入し、すぐ、税込みで売却する。」ので、このような外国人の違法行為を取り締まろうとしています。日本に、厳しい取り締まりのための国力が無いので、観光客を装い、違法行為を行なっています。国家の安全・安心の基本は、国力です。当簿記教室で、勉強を継続し、真の国際競争力である「複式簿記の精神」を、養いましょう。

 簿記教室で、「昨年、賃貸建物の譲渡を受け、本年、その父が亡くなり、無償使用の敷地を、相続し、小規模宅地にしてます。問題ないですね?」と、質問を受けました。

 貸付事業用宅地とは、「生計を一していた親族が、相続により取得した宅地で、申告期限まで、引続き自己の貸付事業の用に供している(相続開始前三年以内に新たに貸付事業の用に供された宅地を除く。)ものです。」から、相続人は、譲渡を受けた時から、その敷地を、新たに貸付事業の用に供しています。つまり、申告に、問題が有ります。税務会計を活用し、是正することにより、節税すべきです。

 税務の手続や取扱は、西宮啓介税理士事務所まで、ご連絡ください。すぐ、税務処理や決算・申告・税務調査などに対応し、長期・短期の節税による経営戦略を、提供いたします。

 Ruling coalition slams CDP-JCP cooperation 「国家が、軍事力で、危機に晒されています。」から、野党共闘が、疑問視されています。近隣諸国の顧問等している平成の脱税王の一派と、幹部のみが潤う独裁国家の一派の共闘ですから、国家を売り尽くすようで、国民は、危機感を受けています。国家は、国民が支えていますから、国会は、「国民のため」に、生活の安全・安心を基礎に、健康で長生きできる生活社会の実現を、構築すべきですが、「領空・領海・領土を侵し、人権を無視する。」ことを容認するような政策を行う議員の議員資格に、国民は、疑問視しています。本来、国会が、「この様な問題を議論し、解決し、」国民に、安心・安全を、提供しておくべきです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

西宮啓介 税理士事務所

Author:西宮啓介 税理士事務所


⇒ ホームページ
  ◎ Top Page
  ◎ 業務案内
  ◎ 事務所概要
  ◎ 簿記教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム