fc2ブログ

Foreign exodus from Japan

 Taiwan issue looms over all attempts at diplomacy 「我が国は、バブル崩壊など、騒ぐだけで、全て停滞していました。」から、近隣諸国の政策が、優れ・強化しました。経済は、需要と供給で、バランスを取りながら、拡大していきますが、金融政策が、実体経済をコントロールしましたので、金融拡大が、問題を生じさせ、我が国は、国際的影響力を無くしました。当簿記教室で、勉強を継続し、真の国際競争力を養いましょう。

 簿記教室で、「相続した賃貸住宅を、公益社団法人へ贈与しましたので、公益社団法人は、現金化し、基本財産にしています。税金は、関係無いですね?」と、質問を受けました。

 相続財産を、その申告期限までに、公益社団法人に贈与した場合、相続税の対象とされず、この場合、贈与時のままでその用に供されているかは問われません。次に、公益社団法人に贈与された財産が、直接供された場合、みなす譲渡に係る贈与が無かったものとみなされます。つまり、税金は、関係あります。税務会計を活用し、適正手続きにより、節税すべきです。

 税務の手続や取扱は、西宮啓介税理士事務所 072-858-2438 まで、ご連絡ください。すぐ、税務処理や決算・申告・税務調査などに対応し、長期・短期の Taxplanning と Riskmanagement を、提供いたします。

 Foreign exodus from Japan signals demand for liquidity 「日本の国債や債券・株式が、売られています。」から、日本の企業力・国力の信頼が失われています。政治の目標は、企業力により、国家の財産を増やし、その力で、社会福祉の充実を図ることです。現在の政策は、国民に、一時しのぎの「バラマキ」を行い、巨額の国債の「利払いと償還」のため、大切な企業を、置き去りにしています。本来、優秀な「議員や官僚」が、企業へ「知識・技術・基盤」の提供を行い、企業の製造力・製品力・商品力を向上させ、輸出力と日本の魅力を、作り出すことです。すると、自然に、貿易が盛んになり、来日したい外国人が増加します。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

西宮啓介 税理士事務所

Author:西宮啓介 税理士事務所


⇒ ホームページ
  ◎ Top Page
  ◎ 業務案内
  ◎ 事務所概要
  ◎ 簿記教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム